音楽はCD派と言いつつも…(笑)

音楽はCD派と言いつつも…(笑)

トップ > ブログ > 音楽はCD派と言いつつも…(笑)

ブログ音楽はCD派と言いつつも…(笑)

しまもっちゃん しまもっちゃん ダウンロード限定曲っていうのもけっこうあるので、CDだけでは満足できない世の中なのです。。。

個人的

17.02.27

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0

音楽はCD派と言いつつも…(笑)

どもども、しまもっちゃんです。

まだ今年に入って2か月も経っておらず、徳島市内でも雪が降るほど寒い時期があったりしましたが、私の大好きな音楽事情はどんどん熱くなっていますよ!

今年に入って購入したCDはシングル・アルバム合わせて6枚☆彡

今年の1月~2月に発売した最新のものや、ずっとき気になっていたアーティストのアルバム曲などなど!

そして以前のブログで音楽を購入するなら全体CD派と断言しておきながらも、ダウンロードで手に入れた曲もいくつかあるので、今回はそれと今気になっているアーティストやバンドなどをちょっとご紹介!

光 (Ray Of Hope MIX) & Simple and Clean (Ray of Hope Mix) 

 20170227_shimamoto_02

※出典:amazon.co.jp

宇多田ヒカル

もう皆さんご存知のアーティストですね!

2003年に発売された「光」という曲のリミックスバージョンです。

先月のブログでご紹介した「キングダムハーツ」シリーズ最新作のテーマソングとなっています。

ちなみに「Simple and Clean 」は「光」の英語バージョンで、サビメロが少し違うんですよ★

 

凍えそうな季節から

 20170227_shimamoto_03

※出典:amazon.co.jp

Aimer

以前にも紹介した私の大好きなアーティストさんです!

現在放送中の「奪い愛、冬」というドロドロした恋愛ドラマのOP主題歌です。

このAimerさんは5月にBESTアルバム(白盤&黒盤)の発売も決定しているので、今後もとにかく楽しみしかありません。

 

おとなの掟

20170227_shimamoto_04

※出典:amazon.co.jp

Doughnuts Hole

こちらも現在放送中で私も毎週観ているドラマ「カルテット」の主題歌です。

作詞作曲をあの椎名林檎が担当し、歌はメインキャスト4人が歌っています。

メインで歌っている松たか子さんと満島ひかりさんの歌声が美しく、そこに松田龍平さんと高橋一生さんの歌声が聞こえてきて・・・とにかく最高です!

 

Be Noble

20170227_shimamoto_05

※出典:amazon.co.jp

ぼくのりりっくのぼうよみ

こちらのアーティストさんは今年に入って知ったにわかですが、来月公開予定の映画「3月のライオン~前編~」の主題歌で、この映画の予告で初めて聞いてからもう虜です(笑)

そして調べてみると、この方なんとまだ18歳。。。すごいです。

独特な声とラップが特徴的で、この曲はダウンロードで購入しましたが我慢できずにアルバムも買ってしまってます!

 

続いては今気になっているアーティストさんをご紹介します!

 

「酸欠少女」さユり

20170227_shimamoto_06

※出典:amazon.co.jp

平行線 3月1日発売

TVアニメのタイアップ曲をいくつか発売しているシンガーソングライターです。

「前前前世」でお馴染みRADWIMPSの野田洋次郎さんも気に入って、楽曲提供&プロデュースするほど魅力のある20歳のポンチョ姿が可愛い女の子(*‘ω‘ *)

でも歌うととてもパワフルで、必死に何かを伝えようとしている様が大好きです。

 

MYTH & ROID

20170227_shimamoto_07

※出典:amazon.co.jp

JINGO JUNGLE 発売中

女性(ボーカル)と男性(ギター&プロデュース)の音楽ユニットで、アニメ主題歌を中心に活躍しています。

とにかくボーカルの歌唱力が凄すぎてどうなってんの?って感じです(笑)

そしてよくこんな独特かつインパクトのある曲作れるな。。。って感じです(笑)

ロックもできるしR&Bもできるしバラードもできるしでとりあえずヤバいです!

4月末には初のアルバムも出るようなので、絶対買います!!!

 

いかがでしたでしょうか?

私はけっこうドラマ・映画・アニメの主題歌から気になるバンドやアーティストさんが出てくることが多いですね。

多分これからも自分の中でこの人最高!ってなる人がどんどん出てきたり、今回だけでは紹介しきれていない気持ちもあるので、また機会があれば紹介しようと思います。

SARADA BEAT facebook twitter