イチゴ大福を作ってみました。

イチゴ大福を作ってみました。

トップ > ブログ > イチゴ大福を作ってみました。

ブログイチゴ大福を作ってみました。

みっきょん みっきょん レンジでチンしたあとの白玉粉の見た目に一番感動しました。

個人的

17.03.31

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0

イチゴ大福を作ってみました。

すごく簡単につくれるイチゴ大福の作り方があるということでイチゴ大福を作ってみました。
今回はこちらのクックパッドの記事を見て作りました。→https://cookpad.com/recipe/798888

不器用なので料理があまり得意ではない私でもできてしまうのかチャレンジしてみました。

まず材料を用意。

 daifuku2

砂糖とあんこと白玉粉と水と薄力粉だけ!
あんこが出来上がっているものを使用しているため準備するものは意外と少ないです。

そして作業開始。

1.耐熱ボールに白玉粉・砂糖・水を入れて混ぜる。

daifuku3

この後ボールごと加熱するので耐熱ボールは必須です。
何かを混ぜる=泡だて器という発想しかなかったため最初泡だて器を使い混ぜていましたが、見事に柵と柵の間に白玉粉が入り込んでしまい取るのに苦労してしまいました。
ということでしゃもじに持ち替えてもう一度チャレンジ。
うまくこねあげることが出来ました。

2.混ぜ終わったら2~3分レンジでチン

daifuku4

チンした後のお姿がこちら。
とても餅らしい見た目になりました。

これをもう一度混ぜてもう一度レンジで1分ほどチンし、もう一度よく混ぜます。

daifuku5

つややかになりました。

3.生地を分けて片栗粉をまぶす

プレーンのイチゴ大福を作ることにしたのでクックパッドの記事とはちがい生地にイチゴをもみ込まず切り分けました。

daifuku6

しゃもじで切り分けようとしましたがうまく分けられなかったので素手で丸めて行きました。
素手でする場合、生地がかなり熱々なのでやけどしないように気をつけてください。
片栗粉はここで使います。これでもかとふりかけたほうが後々具をくれる際に手に張りつかないので良いです。

4.大福の中身を用意

daifuku7

いちごにあんこをくるんでいきます。ここまでくれば完成まであと一歩です。

5.生地でつつめば出来上がり!

daifuku8

あとちょっとで食べられるというこの工程が一番苦労しました。
生地が破れたり全体が包みこめなかったり…ラップに包んで作るのかいいかもしれないです。
一番見た目が増しな三個を並べてみました。

こんなに簡単にイチゴ大福をつくれる(最後意外)レシピがあるなんて…!とても画期的でした!
このあとおいしく頂きました。

ぜひ作ってみてください!
https://cookpad.com/recipe/798888

SARADA BEAT facebook twitter