FF15をプレゼンす

FF15をプレゼンす

トップ > ブログ > FF15をプレゼンす

ブログFF15をプレゼンす

さのし さのし 最近武井咲ちゃんがCMしている「新たなる王国」の内容は15とは関係ないですがハマる人はハマるゲームっぽいです。CMの多さに感銘を受けます。

個人的

17.07.31

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0

FF15をプレゼンす

今回は去年12月発売のPS4用ゲームソフト、FINAL FANTASY XV(略:FF15)のプレゼンをしたいと思います。

そろそろ島本さんがNieR:Automataを遊び終え、FF15に手をつけようとしているようなのでFF15の楽しいところを紹介しつつ発売前からこれまで起こったメディアミックスやアップデートについてまとめてみました。

ゲームだけするとメディアミックスなどの存在を知らずにやり過ごす人が結構いるそうなので、知らないと損する部分を紹介したいと思います。

そもそもFF15って?

去年の11月末に発売されたFinal Fantasyの15番目のマザーシップタイトルです。発売から1ヶ月で全世界600万本売り上げ達成している大人気ソフトのはず。(ですがなぜか周りにやっている人がいないのが寂しいのでPS4を持っている人ぜひ)

もともとは13の続編、「Versus13」として発足したプロジェクトでしたが、途中からハードやディレクターが変わりマザーシップとして製作しなおした作品(キャラクターの造形や内容は若干引き継いでいます)になります。13のタイトルとして製作開始が報道されたのが10年前になるので、発売当時は「10年待ったよ」というキャッチコピーが流れていました。

発売前の開発の頑張りがこちらのサイトで紹介されているのでよかったら見てみてください。(奥深すぎて網羅するのに1週間ぐらいかかりました…)
http://www.jp.square-enix.com/ff15/traingallery/

関係ないですが開発段階で生まれたスクエニ15チームと日清さん(会社がお隣)との友情が面白かったのでこちらのカップヌードルコラボのバックストーリーもオススメです。(なぜかスマホページがでる…)
http://www.cupnoodle.jp/cupnoodle15/

FF15はメディアミックス作品がたくさんありそれらの関連作品をFF15ユニバースと呼称しています。
また、発売から追加の有料ストーリーだけでなく無料とは思えないくらい様々なアップデートがありましたので、ついでにそれらも振り返ってみたいと思います。

FF15のいいところ

とにかく世界が美しくて音楽が最高!!!
お話は感情移入すればとても感動できる内容でラスボスを倒した後、だいぶ心に傷を負いましたが、最近はシステム面のアップデートが多いので遊び要素が増えてあまり気にならなくなってきました。

戦闘システム的にはFF13までの戦闘とは違ってリアルタイムアクション(前は多分ターン制)になり感覚的に楽しめるようになっています。

また、FF13までストーリーが一本道で寄り道があまりできにくいシステムでしたがシームレスなオープンワールドになったことでフィールドどこにでも寄り道できるのが楽しいと思います。

個人的に買う決め手になったのは「音楽」「ドライブとチョコボ」「写真」「釣り」でした。(詳しくは公式サイトを)
また、魅力あるキャラクターを通してパリピな王族感を味わえるのがお得なゲームだと思います。
月一で大きなアップデートが行われるのでファンを引きつけて離しません。一ヶ月か二ヶ月に一回ぐらい公式生放送があり月のアップデートの発表や今開発中のシステムの紹介があります。ファンとの交流の場もたくさん設けておりアプデで反映されたりします。発せば願いが叶う感を体現してくれるので楽しみが多いです。

以下AI撮影の写真ギャラリー
(AIが興奮した瞬間、楽しいと思った瞬間を選んで撮影してくれるそうです。また、プレイヤーが選らんだ写真によって取れるものも好みに合わせてくれます。)
15galle

メディアミックスについて

KINGS GRAVE FF15 (キングスグレイブFF15)

8488d68c

2016年の7月中旬から全国で上映していたフルCG映画です。
公式サイトリンクはこちら

最先端技術を用いたフルCGで描かれる世界は圧巻!!
監督は昔のFF映画を担当したことも方ですが、今回の作品は普段ゲームもしない人も楽しめるよう製作されているため、初見の人でも素直に楽しめる内容になっていると思います。

内容はゲーム本編と密接につながっているため、ゲームをするなら開始する前に見ておいていただきたい作品です。

本当は2016年7月に劇場公開→8月にゲーム発売でしたが発売延期により11月末発売になってしまったので存在を知らずにゲームを始めてしまう方が多いという印象です。
FF15という作品の3分の1はこの映画だと言っていいとすら思っています。
時系列はゲーム本編開始直後から1章の間に起こったお話になります。

今回の作品はFF8~9で一度ゲームを触るのをやめてしまった人に対して製作しているというところもあり、見てみるとモンスターも既視感のあるモンスターがでていたりします。とにかく巨大なオメガウェポンがみどことなのでぜひ見て欲しいです。

また、15の世界観が現実の日本を模しているところもあり、観察してみると面白いです。
ゲームでも出てきますが王都城のモデルは東京都庁です。
町並みだけでなく車のナンバーなども日本語で製作されています。
王子(主人公)の専用車(訳あって王子が乗ってるシーンありませんが…)がアウディR8とのコラボ車なのでそこにも注目です。
HPもありましたがいつの間にかなくなってたのでファミ通FF15特別サイトの記事をご覧ください。
(世界限定一台で買取の権利が抽選されていました。確か5000万円…FFは金銭感覚おかしい…)

 また、キングスグレイブ本編はyoutubeで冒頭12分見えるのでぜひ見てみてください。

キングスグレイブ本編冒頭12分

BROTHERHOOD FF15(ブラザーフットFF15)

4cca97a3c3eae0cb6170f4bdff6def88

こちらはアニメーション作品になります。
ゲーム本編のパーティーメンバーの出会いや仲良くなるきっかけが描かれています。
なんとyoutubeで無料配信していますので、だれでもお気軽に楽しむことができます!

製作はIGさんなので作画もとても気合がはいっております。
キャラデザの栗田新一さんはFF大好きな方なので愛を感じられました。
友人はこれだけ見てわりとその気になってくれたのでぜひ見てみてほしいです。
ゲーム内で出てくるセリフや何気ない部分も汲み取って描かれていますので、ゲームをやりつつたまにこちらをみるといった楽しみ方もできます。

brotherhood FF15

これまでのアップデートとこれから

毎月なんかしらのアップデート(DLC(有料)は別)が予定されています。
これまであったアプデの一部です。

基本的には隔週でランキングクエストが変わります。

12月強くてニューゲームの実装
1月プレイヤーカメラ(セルフ撮影)の実装
(いままでAIが勝手にとってくれてましたがそれに加えセルフでカメラが使えるようになりました!セルフでとったやつ↓IMG_0876
1月イベント:モグチョコカーニバルの実装
(お祭りのイベントが追加されました。秋葉原に実際にあるスクエニカフェのゲーム版が素敵でした。これもセルフ撮影)
mogchoko
2月レベル上限が99→120まで解放。
3月13章ストーリー追加。
4月字幕が大きめに。
5月台湾でのアンケートの結果を反映し、料理に「芳醇な味わいの臭豆腐」を追加
(ちゃんと匂いに対するキャラのモーション用意されています)
6月レガリアD実装。
(普通車だったレガリアがオフロード車に…今まで道路だけ走れていたのが荒野も走行可能に!なぜかジャンプできる上にジャンプしたスコアを図る機能もあります。破損ゲームオーバーも有。見た目のカスタムも豊富です。適当にとった写真(ぶつかって破損しました…;)↓)
IMG_0885

また本日から7月アップデートの配信がありました。

戦闘システムに連続リンクアタックの追加、モグチョコカーニバル期間限定再開、無敵スーツ配信
のはず…(公式発表ェ…)
モグチョコカーニバルはぜひとも今のうちに体験してほしい…楽しすぎて一人で楽しんでいる状況にふとした瞬間悲しくなり泣くのでぜひ…

まだまだ続くアプデの数々!

まだまだ9月にVRコンテンツの配信「MONSTER OF THE DEEP(釣りゲー)」や12月にキャラクターエピソード第三弾「エピソードイグニス」が配信予定。

また、8/2よりオンラインゲームのテスト配信があります。(ダウンロードは8/1より)
アバター作ってマッチングしたグループで討伐クエストできるみたいな感じです。

こちらはいつ頃正式実装になるかは明らかになっていません。待ち遠しいところです。

まとめ

という感じでめちゃ長文になってしまい申し訳ない…
課金コンテンツもありますが他のゲームに比べてお財布に優しい上に、目を疑うアップデートの数々でまだまだ勢いのあるゲームだと思います。無課金でこれだけできるのはむしろ申し訳ない気持ちになります。
初周で終わってしまった方もぜひとも戻ってそのハチャメチャ元気な具合を知ってほしいです。(主にレガリアD)

まったくキャラに触れていませんが個人的にはアプデの多さ、製作陣の新しいことへの挑戦を買っているのでその部分に関してまとめてみました。

ぜひともこのリアルタイム感や驚きを多くの人に味わってほしいです!

まだまだ語りきれませんが今回はこのへんで。
ではでは。

SARADA BEAT facebook twitter