OPEN
Blog20172017年以前の旧ブログ
Home / Blog2017 / デザイン部門 / Photoshop トーンカーブで手軽にレトロな写真に加工しよう!
2016.03.18

Photoshop トーンカーブで手軽にレトロな写真に加工しよう!

カワエン カワエン Other Blog

写真をご用意ください!
 
01
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2. 『レイヤー』メニューから『レイヤーを複製』

 
02

 

3. 『イメージ』の色調補正、『トーンカーブ』を選択します。

03

チャンネルは『RGB』を選択し、少し写真を明るく調整します。
04

 
 
チャンネルを『レッド』を選択し図のように調整します。
05

 
 
チャンネル『グリーン』を選択し図のように調整します。
06

 
 
チャンネルを『ブルー』を選択し図のように調整します。
07

08

大分レトロな色味が出ました、この画像を複製します。
 
 

4. 複製した画像に『フィルター』のぼかし、『ぼかし(ガウス)』を選択します。

半径『20』pixelでOK!
ぼかした画像をレイヤーの ソフトライト   不透明度を『30%』
 
 

5.新規レイヤーを作成します。

選択ツールで全体を選択した状態で
編集メニューの『境界線を描く』を選択します。
09

『フィルター』メニューからぼかし、『ぼかし(ガウス)』を選択します。
10

描画モードを『オーバーレイ』にします。
もう少し強く出したい場合は、もう1枚複製で重ねる等お好みに調整して下さい。
また、古紙等の画像をかぶせると、質感がでてよりレトロな雰囲気を出せるかと思います。
 
11

古紙をかぶせてみました。
描画モード『ソフトライト』不透明度100%
※かぶせる画像によって雰囲気が変わると思うので、描画モードと不透明度を
お好みに調整してみみてください。
12
 

アンティークな雰囲気にデザインしたい時なんかに使える小技だと思います。
簡単に普通の写真がポラロイドで撮った雰囲気になるので試してみてください。
 
 

TOP