OPEN
Blogブログ
Home / Blog / 会社のこと / データプロ忘年会2019
2020.01.07

データプロ忘年会2019

まるちゃん Other Blog

どうも、丸山です。

 

去る、12月20日にデータプロ令和初の忘年会が開催されました。

場所は恒例のBAR GROWです。

個人的におすすめのメニューは「大人のミックスジュース」です。

是非、訪れて飲んでみて下さいね。

 

 

今回のフードメニュー

 

今回もフードメニューが充実していました。

まずは、唐揚げ。ネギと甘酢ソースのかかった間違いない一品。

 

 

そして、おでん。

えっ、BARでおでん?しかも、店入口近くにでーんと大鍋があったので凄くインパクトがありました。

今年は暖冬ですが、この日に限ってとても寒かったので温かいおでんはほっこりしました。

 

 

とってもジューシーなウインナー。ほのかな酸味が旨味を引き立てます。

何故、酸味があるのかをマスターに聞くのを忘れていたのが悔やまれます。

 

 

カルボナーラ。

卵黄が綺麗に乗っかってて、崩すのを少し躊躇しました。

崩しましたが。

結構後半に出されたのですが、チーズとペッパーの香りが食欲を刺激してガンガン食べれました。

 

 

そして、こちらは持ち込みでしたが、

「至純天珠」

こちらから購入できます。

このお酒は三好市にサテライトオフィスを持つCLF PARTNERS株式会社様と
データプロのコーポレートフォト撮影でもお世話になっている三芳菊酒造様ががコラボして作られた日本酒です。

精米度22%の超大吟醸なこのお酒は、フルーティーで飲みやすく
年の締めくくりにぴったりのお酒となりました。

 

 

いよいよ20年目!

2001年の1月に創業したデータプロですが、いよいよ20年目に入ります。

記念となる年を迎えるにあたり、2019年に始まった新事業を振り返りたいと思います。

 

祖谷発の藍染め鹿革ブランドDIYA事業開始!

 

DIYAは里山の現実をより多くの人々に伝えていくことを目指し、「祖谷物語」の蔦哲一朗監督によって2017年に立ち上げられた鹿革ブランドです。

蔦哲一朗監督ですが、なんと弊社代表 影本と同級生という縁もあり、令和元年6月よりデータプロがDIYAの販売元となりました。

ブランド名のDIYAですが

鹿=Deer(ディア)+ 祖谷(いや)=IYA という意味から “DIYA” (ディヤ)が誕生しました。

 

日本の里山では、野生鳥獣による農作物被害が深刻化しています。

害獣として駆除されるシカはそのまま山に放置されることが多く、有効に活用することが課題とされてきました。

DIYAは里山の現実をより多くの人々に伝えていくことを目指し、立ち上げられたブランドです。

革は徳島県の祖谷地方で、やむなく駆除された鹿を有効活用し、徳島で600年もの歴史がある本藍を使用して染め上げています。

合成染料では出せない、味わい深いジャパンブルー。

徳島の自然と伝統が融合した、唯一無二の藍染め鹿革製品なのです!

 

 

 

また、鹿革は牛革と違ってあまりお手入れをする必要がありません。

これは、鹿革の繊維が細く、革内部に油分を十分に含有しているため、いつまでも自力で柔らかさを保つことが可能なためです。

メンテナンスしなくても長く使えるのは非常に魅力的です。

そんなDIYAの革製品はこちらで購入できます!

 

テイクアウトシステム「TARTE(タルト)」リリース

 

 

今年施行された軽減税率により、店舗内での飲食だけでなく、テイクアウトへの需要が高まって来ている中
多店舗展開されている飲食チェーン向けにデータプロが制作したテイクアウト用システム。

それが「TARTE」です。

お菓子のタルトの様に、基本のパッケージの上に色んな機能をドンドン載せていこうという思いを込めて名付けました。

飲食店を利用されるお客様からすれば、24時間注文が出来るシステムですし
飲食店側からすると、コアタイムにある持ち帰り予約の電話対応業務を減らすことが出来ます。

こちらにデモサイトをご用意してますので、興味を持たれた方は是非触ってみてくださいね。

 

終わりに

まだ発表は出来ませんが2020年もデータプロは色んな新しいことをはじめます。

ホームページを作りに作りまくった実績を活かして、また新しいことにチャレンジしていきます。

是非、2020年も弊社データプロに変わらぬご愛顧をよろしくお願い致します。

 

TOP