OPEN
Blogブログ
Home / Blog / ガジェット / 歴代所持iPhone振り返り!いよいよ2020年、5Gリリースですね。
2019.12.11

歴代所持iPhone振り返り!いよいよ2020年、5Gリリースですね。

OB・OG OB・OG Other Blog

どうも、丸山です。

 

2ヶ月前に、Appleより新型のiPhone11が発売されました。

 

2008年にiPhone3Gは発売されて以来、ずっとiPhoneを利用しています。

iPhone3Gの時代は、キャリアはソフトバンクだけでしたので、元々はソフトバンクユーザです。

 

歴代所持してきたiPhoneとその思い出

大体2年に一度のペースで購入をして来ました。

歴代所持してきたiPhoneはこんな感じです。

 

iPhone3G(2008年発売)

記念すべき日本販売第一段のiPhoneです。

最早、今ではAppleサイトのGナビから存在が消えているiPodの機能。

そして、携帯でネットが閲覧できること。

※当時は今で言うフィーチャーフォン全盛期なので、iモード等から携帯用のページを見るのが一般的でした。

当時、自分が携帯電話に欲しいと思っていた機能が一通り入っていたので発売日に即買いに行きました。

この時のiPhoneはまだソフト的にも全然安定していなくて、入力途中に落ちたりフリーズしたりよくしていました。

周りもこんなフリーズしたりする携帯が流行る訳が無いという反応が多かったように記憶しています。

 

 

iPhone4(2010年発売)

前作のパフォーマンスアップ版である、iPhone3GSの次に発売したのがこちら、iPhone4です。

今ではお馴染みになったRetinaディスプレイを初搭載したモデルです。

背面に強化ガラスが使われたボディは質感も良かったのを覚えています。

また、インカメラが搭載されたものこのモデルからです。

このモデルは乗り換えの際に下取りに出したりしなかったので今でも家にあります。

先日、電源をいれてみたらちゃんと動きました。

ジョブスiPhoneのラストモデルですね!

 

 

iPhone5(2012年発売)

このモデルからLTE(4G)通信に対応するようになりました。

発売されるまで3G回線でも十分と思っていたのですが、LTEを体感するともう戻れなくなるなりました。

ケーブルがLightningコネクタに変更になったのもこのモデルからでした。

自分としては機能というより、通信速度が快適になったiPhoneという記憶があります。

 

 

iPhone6(2014年発売)

iPhone6はiPhone5と比較すると勿論パフォーマンスがアップしていますし使いやすくなったのですが

自分が使う機能の中では目新しい追加が無かったのもあり、購入時の記憶があいまいです。

この次のメジャーモデルiPhone7より、SIMフリー化出来るようになったと記憶してますが

ソフトバンクiPhone6でドコモ系の格安SIMを利用するためにはSIM下駄というのを追加して色々処理する必要がありました。

iPhone8を購入するまで使っていた自分の中では息の長いモデルです。

 

 

iPhone8(2017年発売)

iPhone8と言えば、iPhone7で採用された耐水・防水の機能が追加されたこと。

そして、一番はワイヤレス充電が可能になったことです。

いちいちLightningケーブルに繋ぐことすら面倒くさくなってきた自分にとって

そこに置いておけば充電されるというのは丁度いい機能でした。

今現在もこのモデルを利用中です。

 

 

iPhone11はどうしよう?

結論として、僕はiPhone11は見送ろうと考えています。

一番の理由は、iPhone11が5Gに対応していないことです。

Android系の端末ではちらほらと5G対応したモデルが発売になっています。

来年に公開といわれている第5世代移動通信、通称5Gは4Gの10倍とか100倍の速度とも言われています。

iPhone5を利用する前には、別に通信は3Gでいいかな?と思っていました。

その中での初のLTE通信は衝撃でした。

5Gにもそれを期待しています。

別に4Gでも問題ないけど、、、の先に期待しています。

 

iPhone12発売まで、まだ一年くらいあるので、あのボトムズのようなカメラの三つ目が気に入ってしまったらごめんなさい!

 

TOP