OPEN
Blogブログ
Home / Blog / 高知のこと / 行こう、牧野植物園
2019.03.22

行こう、牧野植物園

みずき みずき Other Blog

最近はすっかり日差しに勢いがつき、日焼け止めが手放せなくなってきました。

花粉にやられているうちに、超スピード春が過ぎ去りそうな気がします。

 

今のうちに楽しんでおかねば……、と言う謎の使命感に駆られ、

気軽に春を感じられそうな場所に遊びに行ってきました!

 

高知県立牧野植物園

高知市に住んでいると、ちょいちょい見かける「牧野植物園」の文字。

昔から植物園が好きで、以前住んでいた近くにあったモネの庭には

何度か訪れたことがあるのですが、牧野植物園はこれが初体験です。

 

着いて真っ先に思ったこと。

ひろい。

植物園の一般的な規模は分かりませんが、真っ先にそう感じました。

しかし、初めて来る場所、しかもこんなに広い場所、どうやって回ろうか……

なんて悩む事はありません。

確実に右往左往することが分かっていたので、

事前に牧野植物園について調べ、モデルコースなるものを発見しておりました。

 

約1時間でぐるっとめぐれる入門ガイドコースなるものに忠実に園内を見て回ろう。

そう思って私は正門から牧野植物園へ入って行きました。

 

あれ、私まだ入場料払っていないはずなのに……?

正門から入って、入場券を買うまでの道程でまず衝撃を受けてしまいました。

土佐の植物生態園というものが、入場する前から楽しめてしまうのです。

 

あまりにしっかりと造られていたので、

まさか入場料払わずに入ってしまったのではないかと一度門外まで引き返してしまったほど。

入場する前から存分に楽しんでしまいました。

 

牧野植物園、入場

土佐の植物生態園を進んでいくと、無事チケット売り場が見つかりました。

一般料金(720円)で入場し、もらったマップをじっくりと読み込みます。

 

 

……広すぎてよく分からない。

事前に調べていたモデルコースと照らし合わせ、よし出発だと歩き始めても、

広すぎて自分の現在地がわからぬまま

最終的に行きたい場所に行こう!という大胆な計画変更をすることにしました。

 

ふらふら歩いていると、いろとりどりの綺麗な花や、

見たこともない珍しい植物にめぐり合いました。

 

 

道にそってずらっと並んでいるこちらの花々は見応えがありました。

 

鮮やかな花々を見ていると、やっぱり春を感じられていいですね。

 

牧野植物園の中には、いろんな花の魅せ方があったのですが、

その中で私が一番好きだったのがこちらです。

 

鳥の巣に花が咲いているようで、すごくかわいい

こういうのを考えるのも楽しそうだなあと思いました。

 

てくてく歩いていると、次に目を奪われたのがこちら。

花ももちろん見事だったのですが、驚いたのはその大きさ

広場にのっそりと大木が横たわり、そこから可愛らしい花がこれでもかというほど咲き誇っていました。

このサイズ感、直に見ないと伝わらないと思います。

 

温室の中は異空間でした

正門から入り、ぐるっと園内を散策した私は、

一番最後の楽しみとして残していた温室へと向かいました。

たどり着いた温室が放つ存在感半端なかったです。

夜になったらめちゃくちゃ雰囲気でそうな外見でした。

 

中に入ると、思わず「うわあ」と声を出してしまいました。

湿っぽい土の匂いと、山の中で感じるような水の匂い。

非日常な光景に思わず写真を撮ってしまいました。

温室の中を歩いていくと、外では見られなかったような花や植物があり、

少し歩いては立ち止まり、なかなか前に進めませんでした。

造りがジャングルにありそうな遺跡みたいで、ずっとわくわくしていました!

 

 

そして、牧野植物園を楽しんだ中で一番の感動がありました。

それがこちら。

ヒスイカズラという花です。

青緑っぽいこの花はとても神秘的で、

今まで見たことのない色味をしていました。

ちょうど咲いている季節に来られてよかったなあと思いました。


温室を出ると「牧野植物園……楽しんだな」という満足感で満たされていました。

とは行ってもまだ回れていないところもあるので、また行きたいです。

皆様もぜひ、牧野植物園を楽しんでみてください!

 

高知県立牧野植物園

所在地:〒781-8125 高知県高知市五台山4200-6

営業時間:9:00~17:00

TEL:088-882-2601(代表)

HP:http://www.makino.or.jp/

Google Mapはこちらから

TOP