OPEN
Blogブログ
Home / Blog / 高知のこと / ふらっと気軽に楽しむ観光におすすめ!高知の「よさこいアンコール」
2019.09.02

ふらっと気軽に楽しむ観光におすすめ!高知の「よさこいアンコール」

みずき みずき Other Blog

朝晩が過ごしやすくなり始め、夏の終わりを感じる季節となりました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

高知では今年も夏の風物詩「よさこい祭り」が開催され、大きな盛り上がりを見せました!

よさこい祭り

毎年8月9日から8月12日に開催されるよさこい祭り。
8月9日は前夜祭には、高知市納涼花火大会も開催されるので花火も楽しめます。

8月10日と8月11日がよさこい祭りの本番で、8月12日には全国大会と後夜祭が行われ、高知県が一年で一番活気付く4日間なのではないかと思います。



2019 ほにやよさこい(HONIYA YOSAKOI)

第66回高知よさこい祭り地区競演場連合会奨励賞!DDよさこいチーム公式動画「NEW(新)時代」

今年は高知県内外から207チームが参加しており、16箇所の競演場と演舞場で約1万8千人が力強い踊りを見せてくれました!
おじいちゃんおばあちゃんから小さなお子さんまで鳴子を手に踊る様は圧巻です。

この期間中、実家に帰っていたのですが、テレビで中継されているので家族と一緒に楽しみました。
笑顔で踊る踊り子さんはもちろん、地方車(踊り子隊の先頭を走る装飾されたトラック)や衣装など、見て楽しめる要素が満載のよさこい祭り。

ただ、ちょうどお盆と連続しているので、実際に見れない事もあります。
その期間はお仕事で、その後にまとまった休みがある場合もあります。
一目でいいから生でよさこい踊りを見たい……!

そんな方に是非知って頂きたいのが、「よさこいアンコール」です!

よさこいアンコールって何?

その名の通り、よさこいの再演です!
データプロ高知オフィスが面している大橋通りで、よさこい祭りの次の週、一週間開催されています!

今年は8月19日(月)から8月25日(日)まで開催されていました。
18:00~18:45に開催されているので、仕事終わりに楽しむ事ができます。
よさこい祭りに参加していたチームが全て見られる訳ではないですが、それでも元気をもらえる催し物です。

よさこいアンコールのおすすめポイント

1つ目ですが、夕方という事もあり、結構涼しくとても見やすい……!
後夜祭などを除き、よさこい祭りの本番中は結構な日差しがあり疲れてしまう事もありますが、
よさこいアンコールだと涼しくなり始める時間帯なので快適に楽しめます。

2つ目は、踊り子さんを近くで見れる!
よさこい祭り中は、たくさんの人で賑わっているのですが、ちょっと近くで見づらい事も……。
よさこいアンコールもいろんな方が応援に来ており、ちょっとしたお祭り感を楽しみながらこそこそっと前列に紛れたりする事ができます。

観覧の方が「凹」のような形になり、凹んでいる部分を踊り子さんが笑顔で前進しながら踊っていくので、一番いいポジションを取れると真正面から見られます。
個人的なおすすめポイントになりますが、地方車の代わりに踊り子さんの後方に専用席があって音楽を流しています。(手作り感があって好きです)
また、よさこい祭り中に踊り子さんと一緒に進みながら旗を豪快に振っていた方々は、後方で横一列に並んで旗を振ってくれます。(応援団みたいで楽しかったです)

3つ目は、正調よさこい鳴子踊りの体験ができる事!
よさこい祭りでは様々なアレンジがされていますが、その元となっている正調よさこい鳴子踊りが体験できます。
踊り方も教えてもらえるので、踊り子さんの楽しさ味わえます!
体験をした方は「体験修了証」がもらえるので、観光の思い出にもなります。

よさこいの情報は高知よさこい情報交流館で随時更新されておりますので、
来年、よさこい祭りを見たい!という方は是非チェックをしてみてください!

TOP