OPEN
Blogブログ
Home / Blog / Webのこと / 近年公開された映画作品のWebデザイン(公式サイト)を調べてみた!
2019.10.23

近年公開された映画作品のWebデザイン(公式サイト)を調べてみた!

しまもっちゃん しまもっちゃん Other Blog

最近はXDやIllustratorなどの便利な機能や、デザイナーとして知っていて損のない知識など、デザインに関する物事をブログで色々ご紹介してきましたが、今回はシンプルにオススメのWebサイトをいくつかご紹介します!

とはいえ、単純に見た目や動きのオシャレさ&面白さだけで選んでしまうと紹介しきれないくらいの数になるので、少しジャンルを絞った感じにしようと思います。

「近年公開された映画(邦画)の公式サイト」

映画だけではなく、ドラマやアニメで面白そうなものは公式サイトを見てみるという癖がついており、デザイナーとしても良い刺激を受けています。

そこで今回紹介するWebデザインは「近年公開された映画の公式サイト」というジャンルにしてみます。

さらに、こういったジャンルのサイトを色々見ていると、モバイルファーストで作られているのかな?と思うものが多かったため、画像はPCではなくスマホ版のサイトをご紹介します。

ではさっそくいきましょー!!!

天気の子

公開日:2019年7月19日

https://tenkinoko.com/

もう説明しなくてもみなさんご存知「君の名は。」に続く新海誠監督の最新作ですね。

TOPはファーストビューのみで、ビジュアルが下からふわっと出てきます。

やはりビジュアルが綺麗なので、全体的に装飾は少なくシンプルにまとまっていますが、別ページに飛ぶとタイトル部分の背景(PCはサイド部分)がゆっくり動く仕様になっています。

ちなみに前作の「君の名は。」の公式サイトも見てみましたが、こちらもコンテンツごとに作中に出てくる舞台の風景を背景に配置して、とにかく絵の美しさが際立っていました。

人間失格~太宰治と3人の女たち~

公開日:2019年9月13日

http://ningenshikkaku-movie.com/

人気写真家「蜷川実花さん」の映画監督としての最新作です。

赤を基調とした鮮やかな色使いが特徴的で、写真家ということもあってとにかく写真映えするサイトです。

私自身、蜷川実花さんの作品は写真も映画も大好きなので、この公式サイトはいつまでも眺めていられます!

あと、この映画のロゴデザインが良い意味でちょっと気になりました。

普通に明朝体のフォントなだけに見えたのですが、よく見ると文字の1画などが少し傾いていて驚きました。

Diner ダイナー

公開日:2019年7月5日

http://wwws.warnerbros.co.jp/diner-movie/

こちらも蜷川実花さん監督で、上記の人間失格の前に公開された作品です。

やはり同じように色使いが独特で、こちらは鮮やかなピンクが基調となったデザインですね。

まず見て面白いと思ったのは、メインのロゴがチカチカしてネオンっぽさを出しているところです。

他ページに飛ぶと見出しが同じようなネオンスタイルになっています。

万引き家族

公開日:2018年6月8日

https://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/

こちらもみなさんご存知、カンヌ国際映画祭でパルムドール賞を受賞したと話題になった作品ですね。

こちらの公式サイトは全体的に写真とテキストのみでシンプルに構成されたデザインですが、たまにちょっとした水彩の模様が所々に配置されています。

ただシンプルなだけだと物足りなさが出る場合がありますが、そういったちょっとしたアクセントが入ることで、全体が引き締まって逆にスッキリして綺麗に見えました。

翔んで埼玉

公開日:2019年2月22日

http://www.tondesaitama.com/

こちらも面白くて何かと話題になった、漫画原作のコメディ作品です。

作品の世界観などから、全体的に色使いや装飾がゴージャスな感じになっていますね。

何より一番気になったのは、画面上部から「さ」が降ってくることです(笑)

※意味が分からない方は公式サイトを見ると分かります!

作品の内容や設定自体がとても面白いので、こういった部分にもちょっとクスッと笑えるような要素があるのは見ていて楽しい気分になります。

最後に…

単純にオシャレなサイトというのはたくさんあるので、こうやって自分の好きなジャンルに絞ってみると楽しく見れると思います。

またPCとスマホで見え方を見比べて、同じサイトでどうレイアウトを変えているのか?というところも見てみると参考にもなって、デザイナーとしては面白いです。

特にこういった映画などは次々に新しい作品が生まれて、そのたびにサイトも新しく作られるので、飽きることがありません!

他にもジャンルを絞った上でいろんなWebデザインを調べてみようと思います。

皆さんもぜひ自分の好きなジャンルで調べてみてはいかがでしょうか?★

TOP